借金返せない人の共通点と特徴!こんな人は借金生活予備軍です

借金コラム

私は40代の主婦で借金を長年繰り返しています。独身時代は自分の洋服や交際費などで派手にお金を使い、結婚後は生活費としてお金を借りる始末。

自分ではあまり借金に対して悪いという認識がないことや、借りてその場乗り越える手段が楽に感じていました。

借金返せない人には共通点があり、私のように悪気がなく繰り返す人は借金トラブルになるリスクがとても大きいといえるでしょう。

そこでどんなタイプが注意するべきなのか、借金返せない人の共通点について見ていきたいと思います。

 

借金する人の特徴

もしかしたら私は借金苦になるかも。そんな不安を抱いている方はまず共通点についてチェックしてみましょう。

 

・我慢が苦手な人

借金返せない人の共通点として、一番大きな問題点になるのが我慢できない人。食べたいものをいつも食べる、着たい洋服を買う、行きたいところに行くなど。

物欲をコントロールできない人は、借金してでも満足感を得ようとしてしまいます。また私のように、金銭的だけでなく感情的にいつも激しい人もセルフコントロールができない傾向があります。

 

・ギャンブル好き

借金返せない人の多くは、ギャンブル好きという共通点がありますよね。パチスロ、競馬など一度大勝ちした経験がある人はとくに、その時の刺激が忘れられず負けてもいつか勝てると期待して借金に走ってしまいます。

はじめは家族に借りて、ギャンブルをしているうちにやめられなくなり消費者金融で借金を繰り返し、最終的に何百万円も借金が増え自己破産する人もいます。ギャンブルは依存しやすいため、精神的な治療を受けて改善することも必要になります。

 

・整理整頓ができない

普段から家のなかが乱雑な人、デスクの上が散らかって仕事がはかどらない人など、整理整頓は見た目をすっきりさせるだけではなく、その人の管理能力も関係していますので、掃除が苦手という人は、金銭的な面でもあいまいになってしまう傾向があります。

お金の管理ができる人は、身の回りも整頓されていないとなんとなく落ち着かないもの。平気で人にお金を借りるタイプは、乱雑な生活環境があるかもしれませんね。

 

・人の評価が気になる

・人の評価が気になる

・人の評価が気になる

お金がなくても金持ちに見られたい、人よりもいい暮らしをしたいというタイプは借金返せない人の共通点で、常に周囲の視線を気にして本当の自分以上の姿をアピールしてしまいます。

このタイプは独身、既婚関係なく借金癖の始まりになるので注意。物事の本質的な価値が分からず表面的なことを重視する人は、借金をしてまでも自分をよく見せたい願望がありますので、金銭トラブルにもなりやすいでしょう。

ブランドのバック、高級車などお金を借りてまでも羽振りの良さを示したいという人は要注意です。

 

・収入がない

働くのが嫌い、誰かが何とかしてくれる、という甘えタイプの人も借金返せない人の共通点のひとつ。収入がないけれど誰かのおかげで生活ができる状態だと、欲しいものを買うために借金を繰り返してしまいます。

収支のバランスが取れなくても親がサポートしてくれる、クレジットカードでなんとなるという安易な発想があると、自分の力で収入を得ないといけないプレッシャーがありません。

 

借金癖を直す方法はある?

借金癖を直す方法はある?

借金癖を直す方法はある?

借金癖がある人は、家族や周囲に迷惑をかけるだけでなく、お金のために犯罪に至るような最悪のケースもあります。

このような事件は結果だけを見るとショッキングですが、普段から借金癖があるように些細な日常の行動がサインとなって現れています。

借金癖を治すのは決して簡単ではありませんが、一人では成功しないため周囲のサポートが必ず必要です。

たとえばお金を貸してほしいといわれたら、絶対に断る姿勢を維持しましょう。なによりも本人の自覚がないと借金癖は治りません。

借金できないように生活習慣を変えることも重要です。次のような点を心がけて、借金癖を治していきましょう。

 

  • ・クレジットカードを持たずに現金生活をする
  • ・家計簿をつける
  • ・レシートは必ず保管する
  • ・給料はもらったすぐに返済用と生活費に区別する
  • ・お財布にお金をたくさん入れておかない
  • ・人に頼らずなんでも自分でおこなう

 

節約生活で借金苦から解放されよう

節約生活で借金苦から解放されよう

節約生活で借金苦から解放されよう

借金返せない人の共通点は、お金がなければ借りればいいという考えがあるため、悪いサイクルから抜け出せない傾向があります。

借金は決して悪いことではありませんが、私のように生活に必要ないものを借金して手に入れるのはトラブルの原因になります。

たとえばマイホームローン、車のローンなどは同じ借金でも目的があり、多くの人が利用していますよね。

このような借金は生活に欠かせないものですから、計画的に利用されていると思います。借金癖がある人は節約生活を心がけて、不要なものを購入しない意識を持ってください。

ギャンブル、お酒、豪華なアクセサリーなど私たちが生きていくうえで必要ではありません。価値観を見直し節約しながら借金をあてにしない意識を持ちましょう。

 

債務整理で人生を新たにスタートしよう

現在借金がすでに返せない状態で困っている方、今後借金問題を再び起こさないためにも債務整理でいったん借金を整理しましょう。

債務整理をするとブラックリストに登録されて新たな借り入れができない、クレジットカードが作れない状況が5年間~10年ほど続きますが、この期間は借金癖がある人のやり直しについてメリットになるでしょう。

その都度、何とかして借金問題を解決していても根本から改善しないと、同じサイクルの繰り返しになります。債務整理をするためには、借金問題に強い弁護士に依頼して、どのような借金を抱えているか相談してください。

借金癖は自分の将来をダメにするだけではなく、大切な家族や自分のキャリアまでもダメにしてしまう恐ろしいもの。少しでも早く気が付けば、まだまだ人生の軌道修正は可能なのです。

 

まとめ

借金返せない人の共通点は誘惑に弱い面があります。私の場合は借金を主人にバレないように内緒で弁護士相談をして3年かけてパートの給料でコツコツと返済しました。

いまだに主人は、結婚後も私に借金癖があったことは詳しく知らないと思います。バレずに解決できたのはすべて弁護士のおかげ。

今は仕事を2つ掛け持ちしていますが、収入が借金返済で全部なくなることがないため、働きがいも感じられるようになりました。

コメント