返済できない恐怖から解放されるには債務整理が一番!

借金を解消する方法

返済できない恐怖は、借金苦に陥った人でないと分からないことが色々ありますよね。以前ほど悪質ではなくなったとはいえ、借金返済を滞納すると貸金業者からの督促は必ずやってきます。

借金を抱えている人達は、必ず返済するつもりで最初は契約していると思います。しかし長い返済期間の間に予想外の事態が起こり、返済不能になる可能性は誰にでもあります。

返すつもりがあるけれど返せないという状態は、債権者にはまったく通じない言い訳で、借金を回収する為には多少荒い行為に出る場合もあるでしょう。返済できない恐怖から解放されるための手段として債務整理があり、多くの方がこの方法で快適な人生をスタートさせています。

では現在返済できない恐怖を抱えている人に、債務整理とは何か詳しくお伝えしていきましょう。

 

借金を返済しないとどんなことが起こるか?

借金は返済せずに放置しておけば自然と消える、なんてことは絶対にないですよね。借金の時効制度は5年~10年という期間が設けられていますが、時効が完成するケースはほとんどないといわれています。

借りたものはきちんと返すのが基本ですが、なかには収入がなく返済したくでもできない状況を抱えた人もいるでしょう。

 

もし借金を返済しないと、どのような事態が起こるのか皆さんご存知ですか。債権者のタイプによってどのような態度で相手が出てくるか異なりますが、悪徳金融業者の場合だと自宅まで督促に来たり会社やご近所にまで迷惑がかかったりする場合があります。

一般的には借金を滞納した場合、まずは債権者から督促の電話やメールがやってきて、それでも対応がない場合は自宅に社員が訪問してくるケースもあります。

それでも返済がない場合は裁判所に訴え、一括請求や財産の差し押さえなどの法的な措置が取られる可能性もあるでしょう。

 

その流れのタイミングとしては。滞納して1ヵ月目ぐらいは電話などによる連絡、その後配達証明や内容証明絵督促状が配達され、2か月以上滞納すると自宅訪問となります。滞納が長期化すれば最終的に裁判となり、車や家なども差し押さえられるため、生活する機能がストップしてしまうでしょう。

 

法的措置を受ける前に債務整理を考えよう

債権者からの督促は心理的な負担になり、すべての電話やメールが怖くて対応できなくなる人もなかにはいます。また会社まで債権者が押しかけてくると仕事をクビになることもありますので、さらに収入減となり返済には悪条件が重なってしまいますよね。

借金を滞納した場合の最悪のケースとして法的措置を取られることだけは、将来の自分の人生を守るためにも必ず回避しないといけません。

でもお金がなくて返せないという場合は、一体どうしたらいいのでしょうか。そんな借金苦を抱えた人を救済するものが「債務整理」と呼ばれる借金を整理する手続きです。債務整理には以下の4種類の方法があります。

 

・任意整理

債権者と交渉をして借金の減額をしてもらうか、金利を引き直すなど月々の返済額を減らして借金の返済を継続する手続きです。

この方法は裁判所を通さずにできるため、債権者との交渉がメインになる点が特徴です。

 

・自己破産 

自己破産は債務整理のなかでも最終的な手段となり、他の手続きで借金整理ができない人が対象になります。

財産がなく支払いが不可能であることを裁判所に認めてもらい、法律的に借金の支払い義務を免除するもの。

しかし高価な財産として判断される車や住宅などは手放さないといけません。自己破産後の収入は、すべて生活費に与えることができるメリットがあります。

 

・個人再生 

民事再生とも呼ばれるこの手続きは裁判所を通して現在の借金返済が困難であることを認めてもらい、借金を減額して3~5年にて分割で返済する方法です。

借金額が5000万円以下の場合は、最大1/10まで減額できる可能性があり、家や車などの高額な財産はそのまま残せる点が特徴です。

 

・過払い金請求 

メディアでもよく話題になる過払い金請求は、貸金業者に支払いすぎたお金を返還してもらう手続きで、債権者に返還請求して行いお金を返してもらうことです。

長年借金を返済している人の中には、過払い金を返還してもらいプラスに転じる可能性もあるのです。

 

早く返済するために今やるべきこと

返済できない恐怖から解放されるためには、一日でも早く行動を起こすことが大切です。今できることはなにか、借金の悩みを解決するためにやるべきことを覚えておきましょう。

 

・借金の現状を把握する

借金が返せないことが分かっていても、具体的な内容まで把握しておかないとどのような解決策が自分に当てはまるかわかりません。

まずは現在借り入れている金融業者とそれぞれの借金額をリスト化して、月々の返済額、返済期間などの詳細を明確にしましょう。

多重債務の場合どこから借りたのか判明しないこともありますので、その場合は信用情報機関に問い合わせてください。

 

・返済のシミュレーションを立てる

現在の収入額の1/3以下の借金なら、返済は可能といわれています。まずは利息を計算していつまでに返済が可能かシミュレーションをしてみましょう。

返済額を増やせる借金があるか、一括で返済できるものがなるかなど、利息よりも元金を減らせるように考えることが早く返済するコツです。

 

・弁護士の無料相談でアドバイスを受ける 

どうしても返済が不可能な場合は債務整理という手段がありますので、借金問題に強い弁護士に相談してどの方法が自分の借金に合っているか判断してもらいましょう。

弁護士費用は分割払いも対応していますので、できるだけ負担を減らして借金問題のサポートをしてもらうことも可能です。

まずは無料相談で弁護士にアドバイスをしてもらい、債務整理で解決する方法を考えてください。

 

まとめ

返済できない恐怖といつまでも戦っているのは時間の無駄で、借金問題を解決する方法は必ずあることを覚えておきましょう。

どのような改善策を行うか、弁護士に相談することがまずオススメです。借金は返済額を減らしたり借金そのものを帳消しにしたりする法的な手続きがありますので、返済できずに逃げ回るよりも安全で確実な方法で、できるだけ早く問題に向き合ってください。

債務整理は色々な種類の借金に対して行われる手続きなので、必ず自分に合った方法が見つかるはずですよ。

コメント