自己破産のメリットとデメリットについて

自己破産はメリットとデメリットがあり、手続きをした後で後悔することがないように慎重に決断しないといけません。

借金問題を抱えている人は世の中に多く存在していて、自分ひとりの力では解決できないケースがたくさんあるのです。

返済したくてもできない状況は、時間をかけて自然に解消されるものではありませんので、少しでも早く適切な対処が必要に。

そこで債務整理のひとつとして行われている自己破産について、どのような手続きなのかメリットとデメリットについて詳しくご説明していきましょう。

自己破産とは 

借金問題から解放される方法として「自己破産」という手段があります。自己破産は裁判所に返済が不可能であると認められた場合に免責が許可され、税金などを除いたすべての借金がなくなることです。

具体的に説明しますと、裁判所に「破産申立書」を提出して「免責許可」をもらう手続き。債務整理には任意整理や個人再生などがあり、借金の減額をする方法もありますが、自己破産は債務の支払い義務がなくなることが特徴です。

債務整理のなかでも、最終的にとられる手段で救済不能な借金の場合に行われる傾向があるでしょう。

メリット

債務すべての返済義務がなくなる

自己破産のメリットは、裁判所で免責が確定した時からすべての借金の返済が免除されるところ。免責という点が自己破産の最大のメリットになり、借金問題でどうにもならなくなった人の救済措置として行われます。

自己破産するには案件が裁判所に持ち込まれ、自己破産すべきかどうか判定内容により、法律的に救うべき状況にあると判定された場合に、免責という恩赦が与えられることに。

多少の財産は残せる

自己破産のメリットは、デメリットでもある財産の没収と関連する点がひとつあります。自己破産するとすべてを手放すイメージがありますが、生活の基礎となる衣食住のためにある程度の財産は必要ですよね。

この最低限の部分にあたる財産は資産と見なされないため、多少の範囲ではありますが財産を残すことが可能になるのです。

派手な生活はできませんが、自己破産をしても住む場所や生活費がまったくなくなるというわけではありません。

強制執行ができなくなる

自己破産の開始が決定された段階で、給与差し押さえなどの強制執行が停止されます。自己破産手続きはこまかく分けると、同時廃止と管財事件の二つがあります。

管財事件の場合は、自己破産開始と一緒に強制執行が失効するため、給与の全額を受け取れるようになるでしょう。

同時廃止の場合には、免責が確定するまで強制執行が続きますので手続き中は差し押さえの給料は受け取れません。

デメリット

クレジットカードの利用ができない 

自己破産は、メリットだけではなくデメリットも多いため注意が必要です。まず自己破産をすると個人信用情報機関のブラックリストに登録されてしまうため、名前が削除される5~7年間までの間はクレジットカードの利用はできません。

さらに新しくカードを作ったり、借金やローンをしたりすることもできませんのでご注意ください。

財産が没収される

自己破産のメリットとして免責は魅力ですが、所有している貯金や所有物などが資産と見なされた時は管財として処理されるので資産が没収されます。

資産として見なされるかどうか、基準は裁判所によって異なりますが、以下のようなものが挙げられます。 

99万円を超える現金 

20万円以上の預貯金 

退職金 

ローン残高が2倍に満たない評価額の不動産 

20万円をこえる保険の解約返戻金など 

就ける職業制限がある 

免責許可が決定されるまでの間特定の以下の職業につけなくなります。

士業(司法書士 公認会計士 司法書士 弁護士 税理士など) 

古物商や質屋 

警備員 

宅地建物取引主任者 

生命保険外交員

連帯保証人に迷惑がかかる 

自己破産しても家族に取り立てが来ることはありませんが、連帯保証人になっている時は債権者に取り立ての権利がありますので、連帯保証人に迷惑がかかってしまいます。

自己破産する人の名義で購入した車も、家族で共有使用している場合は没収対象になり、家族には少なからず迷惑がかかるでしょう。

自己破産しないほうがいいケース

自己破産は借金がなくなるため、その点だけに魅力を感じ手続きを希望する人もいますが、なかには自己破産をせず債務整理の他の手続きを行ったほうがよい場合があります。

返済が5年以内でできそうな場合 

自己破産はメリットだけではなく、デメリットとしてクレジットカードが使用できない期間が長い、財産が没収されるなど一時的でなく長期間ダメージになることがあります。

そのため5年以内に返済ができる場合は、なんとかがんばって返済を続けられるように個人再生や任意整理を行ったほうが良いでしょう。どうにもならない借金や返済のメドが絶たない場合は、自己破産が良い場合もあります。

過払い金があるケース 

2010年以前に消費者金融から借金した人は、グレーゾーン金利で過払い金が発生している可能性があります。返還請求を行い借金返済に充てることが可能なため、自己破産しないほうが安全でしょう。

高額な財産を所有している 

自己破産をする人のなかには、高額な車やマイホームを所有している人もいます。自己破産すると、このような財産が没収されるため、生活に影響が出る場合もありますので自己破産よりも個人再生で財産を残して、借金を整理する手段をとったほうがよいでしょう。

自己破産の手続き方法について 

自己破産を検討している方は債務整理に強い弁護士に相談しましょう。借金がゼロになると多重債務になった原因がわからず、将来的に金銭的なトラブルになる可能性もあります。

自己破産は最終的な手段として考えて、債務整理の他の方法で解決できないか、弁護士にアドバイスしてもらうことが必要に。

自己破産はメリットとデメリットがありますので、自分の経済状態や借金の内容などを判断してどの方法が一番適しているか、専門家の知識で選択することが一番安全でしょう。

まとめ

自己破産はメリットだけではなく、デメリットにも注意が必要です。借金を整理して新たな人生をスタートするためには、勇気をだしてまずは弁護士の無料相談をしてみましょう。なかなか前に進めない状態が続くほど、借金問題は悪化してしまうのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする