個人再生の流れ!手続きの一番オススメの方法とは

借金を解消する方法

個人再生の流れですが、債務整理のひとつとしてこれから借金問題を解決したい人はぜひ覚えておくべきポイントがいくつかあります。

債務整理には個人再生の他にも任意整理、自己破産、特定調停、過払い金請求などの方法がありますので、自分の借金の内容に合わせてスムーズにトラブル回避できる方法が理想でしょう。

それぞれの方法にはデメリットやデメリットがありますが、個人再生の流れはどうなっているのか、またどんな人に適した手続きなのか詳しく見ていきましょう。

 

個人再生はどんな方法?

借金問題を抱えた人を救済する債務整理手続きのひとつである個人再生は、裁判所を通して借金減額を行い多重債務者の再スタートをサポートするもの。自己破産をすると自分の財産は没収される可能性が高くなりますが、個人再生ならマイホームを残し借金を減らすことが可能です。

また再生計画が認可された時は、原則で1/5までの減額が可能になるため、債務者にとってはかなり負担が減る点が魅力です。減額された債務につきましては、3年~5年で返済しないといけません。手続きを開始すると給料の差し押さえなどの強制執行ができなくなります。

 

個人再生は2種類 

個人再生は「給与所得者等再生」と「小規模個人再生」の2種類があります。それぞれに適用される条件がありますので、選択できる方法で手続きが可能に。

 

給与所得再生 

この個人再生は給与所得者の会社勤務や公務委員などが対象となります。自営業の人は利用ができません。

さらに給与所得者でも、住宅ローンを除いた借金の合計が5000万円以下、将来的な収入が見込めるかどうか、定期的な収入の幅が小さいかなどが条件となります。

 

小規模個人再生 

自営業者、または会社勤務、公務員でも利用ができます。住宅ローンを除く借金総額が5000万円以下、また将来的に継続的な収入があるかなどが条件。

個人再生の手続きが万が一できない人は、債務整理の別の手続きが適用される場合がありますので専門家に相談しましょう。

 

個人再生のデメリット

個人再生の流れを理解する前に、デメリットについても頭に入れておかないといけません。個人再生のデメリットは、今後5~10年間は借入ができなくなること。

またブラックリストに載るため、新しいクレジットカードも作れません。そして官報に自分の氏名や住所が掲載されること、収入がないとできない手続きである点に注意が必要です。

 

個人再生の流れについて

個人再生の大まかな流れについてみていきましょう。

 

弁護士に相談する 

個人再生は専門的な知識がないとスムーズな手続きが行えないため、最初は債務整理を専門とする弁護士に無料相談をしましょう。

相談する際は自分の借金の額、借入期間などの詳細、また弁護士費用、大まかな流れを確認してください。一般的には認可決定するまでは4~6か月ほどの時間がかかります。

 

裁判所へ申し立て 

債務者から依頼を受けた弁護士は、受任通知書を債権者に郵送します。この段階より借金の取り立てがストップし、続いて裁判所へ個人再生の申し立てを行います。

 

手続きの開始決定 

裁判所により個人再生委員が選手される場合があり、収入や財産調査などを行い裁判所より申し立て手続きの開始決定がされます。

 

再生計画案の認可 

債権者は裁判所に債権の届け出を行いそれに基づいて再生計画案が作成されます。小規模個人再生の場合は包括同意が必要ですが、給与所得者の場合には同意が不要。

包括同意をもって再生計画案が裁判所に認可され、債務者の返済が開始。通常は再生計画認可が決定した翌月から返済スタートする傾向が多くなっています。

 

自己破産と個人再生の違いは何?

自己破産と個人再生の流れや特徴は、一見同じように見えて誤解してしまう人も多いようですが、基本的にこの二つには大きな違いがあります。それぞれのポイントごとに異なる特徴を見ていきましょう。

 

借金の額 

自己破産は基本的に借金の返済義務がなくなりますが、個人再生は1/5程度は支払う必要があります。

 

自己の財産 

自己破産の場合、高価な財産は処分されてしまいますが、個人再生では財産処分はされません。

 

資格の制限 

自己破産は手続き中の資格制限がありますが、個人再生にはありません。

 

手続きにかかる期間 

自己破産は一般的に3~6か月。個人再生は6か月前後となります。

 

個人再生の解決事例

30代女性

病気治療に必要な薬代や通院費などを払うために、消費者金融から借金しました。最初は1社から借り入れをしたのですが、病気で仕事ができない時期もあり、収入が不安定で借金の返済と治療費の支払いがダブルで負担に。その埋め合わせとしてさらに新たな借金を消費者金融3社から行い、合計額が500万ほどに膨らんでしまいました。

この段階で残された道は自己破産しかないと思い、無料の弁護士相談で問い合わせたところ、すぐに面会となり自己破産以外にも方法があるとのアドバイスをいただきました。

担当の弁護士の方によると小規模個人再生の条件に適用するとのことで早速手続きをスタート。面倒な書類の手続きなどは一切お任せし、取り立てに悩むこともなくなりました。

調べていただいた結果、消費者金融の2社は利息制限法を超過する利息を支払っていたことが分かり、引き直し計算をしたところ債務額が100万も減額。

合わせて個人再生の手続きにより返済は3か月ごとに8万円ずつになり、収入のなかから返済が可能になりました。無料弁護士相談でお世話になってから解決するまでに要した時間は10か月ほど。自分ひとりだったらきっと今では借金地獄のど真ん中だったことでしょう。

 

まとめ

個人再生の流れは一般の人には聞きなれないことが多く、裁判所とのやりとりもありますので弁護士に依頼する方法が一番のオススメです。

借金を抱えているとこれ以上お金を使えないと不安に思う人も多いのですが、的確に借金問題を解決するためには法律の専門家に依頼することが一番でしょう。

債務整理で相談をする場合は、無料のメール相談や電話相談などがありますので、気軽に問い合わせをしてみましょう。弁護士事務所によっては明確な費用を提示しないところもありますので、安心して借金問題を任せられる弁護士を選んでくださいね。

コメント