任意整理は家族にバレずに借金返済ができる?

任意整理

任意整理は家族に内緒でできる可能性が大きい借金解決方法です。任意整理は弁護士に依頼した場合、債権者と直接交渉をしてくれますので、相手も応じやすく借金の総額が200万円以下の場合なら任意整理は家族に知られずに解決できる場合が多いといわれています。

借金問題は、自分ひとりだけに迷惑がかかるものではありませんよね。悪質な取り立てが始まると職場や自宅近隣まで迷惑がかかることもあります。債務整理の中でも一番多いといわれている任意整理とはどのような方法なのか、詳しくご説明していきましょう。

 

任意整理とはどんな方法か?

債務整理には弁護士を通して手続きを進める種類がありますが、任意整理は債権者と話し合いにより借金返済額を可能な額に減らす方法。そのため任意整理は家族に内緒でできる手続きで、借金を返済する意思がある人に向いている方法といえるでしょう。

借金といっても内容は様々。任意整理は金利の高い借金だけを整理し、車のローンなど生活に欠かせないものはそのまま返済を続けるなど、整理する借金の種類を選択できる点が特徴です。

 

任意整理は弁護士に依頼するメリット

債務整理は法律の専門的な知識がないと、一般の人にはとてもハードルが高い手続きに思いますよね。

なかには自力で行う人もいますが、任意整理は弁護士に依頼したほうがなにかとメリットがあるのです。任意整理で家族に知られたくない人には弁護士のサポートがあったほうが安心といえるでしょう。また以下のようなメリットもあります。

 

督促がなくなる

債権者からの督促は債務者が直接交渉したところで、借金が返済されない限り止まることはありません。

しかし弁護士に依頼して任意整理をすれば、しつこい取り立てがストップします。弁護士から債権者に通知がいくと和解成立までは返済が中断されますので、債権者は取り立てすることができなくなるのです。

 

家族に知られずにできる理由

借金問題が家族に知られてしまうのは、債権者からの督促が激しくなり電話や郵便物などが頻繁に来るようになるためです。悪質な業者は直接自宅にやってくることもありますので、そうなると家族にいつまでも内緒にしておくことは無理ですよね。

任意整理が家族にわからずにできる理由は、弁護士がすべて連絡の窓口になるため債権者とのやりとりをすべてお任せできます。また弁護士とのやりとりも家族に内緒にしたい場合は、プライバシーを守って対処してもらえます。

 

良い結果がでやすい

任意整理は家族に内緒で進めるだけでなく、本題である借金の減額ができるかどうかが一番の焦点になりますよね。任意整理は当事者間の交渉により借金の減額幅が変わりますので、法律知識の豊富な弁護士のほうが有利となります。

また弁護士が介入すると債権者の対応も変わり話し合いがスムーズになる場合も。借金の減額交渉は過払い金請求や利息のカットなど再計算するのは一般の人にはとても難しい面があります。そのため弁護士なら適切な手続きを行い、債務者にとって最良な結果が出やすいのです。

 

任意整理のデメリット

減額が少ない 

任意整理は借金をすべてなくすことは難しく、上限金利内の利息だと借金返済額を減らすことが困難になる場合があります。

 

信用情報に載る 

任意整理をすると信用情報機関に載るため新しくクレジットカードを作ったり借り入れしたりすることはできません。

 

収入がないとできない 

任意整理は借金返済の意思がある人が行う手続きなので、将来的に定期的な収入がないと任意整理はできません。

 

保証人に迷惑がかかる 

債務のなかには保証人をたてて借金する場合がありますが、任意整理はこのような債務の場合は保証人に債権者から一括請求が届いてしまいます。

返済義務を回避するためには保証人も任意整理を行う必要があるのです。しかし保証人付きの債務を任意整理の対象から外しておけば相手に迷惑がかかることはないでしょう。

 

お金がない時は弁護士に依頼するのは無理?

借金すら返済できないのに、弁護士に依頼して任意整理するなんて無理だと決めてつけている方はいませんか。弁護士の費用はかなり高額になりそうで不安を抱く人は決して少なくありませんよね。

任意整理は弁護士費用を払った分、過払い金の返還で費用を賄えることもありますし、プロなら借金減額も自分で行うより良い結果が出やすく、しかも解決まで3か月前後とスピーディである点も忘れてはいけません。

また弁護士事務所によっては、費用の分割払い、または後払いで対応してくれるところも多いため、借金しか残ってないという人にも弁護士依頼はできるのです。

費用面に関しては無料相談で具体的な額を聞いてみましょう。またどのような支払い方法があるのか、借金トラブルを抱えた方の立場に立って、親身に相談に乗ってくれるが弁護士がオススメですね。

 

任意整理の体験談

起業の際に借金したことで借金地獄へ

35歳の時に脱サラをして自営で飲食店を始めました。貯金だけでは運転資金が足りず、大手の消費者金融で200万円を借り入れしました。

お店がオープンした時は思った以上に順調だったのですが、車で10分ほどの距離に大型モールがオープンし、売り上げが激減。パートさんたちには事情を説明して、知り合いの飲食店に移ってもらうことにしました。

従業員の人からは納得してもらいトラブルなく済みましたが、問題は自分の生活です。家賃の滞納、借金の滞納生活が始まり気が付いたら借金額は300万円以上に。

弁護士に相談をして任意整理をすることになりました。どうしてもお店はつぶしたくない、家族には知られたくない、という希望を聞いてもらい過払い金返還の手続きにより100万円が返還。

そこまでに至るまでもたったの3ヵ月間。ずっと一人で苦しんでいた半年以上の時間がとても無駄に感じました。今は副業を行いながら、お店も毎日ではありませんが営業を行い、徐々に再建の道をたどっています。

 

まとめ

任意整理は家族に内緒で進めるには弁護士に依頼して、スムーズに対処してもらう方法が一番ストレスなく安心です。債務整理はほかにも種類がありますので、借金の内容に合わせて自分に一番あう方法でトラブルから解放されましょう。

コメント