多重債務者が増加する原因!他人事ではない借金トラブル!

多重債務者が増加していると言われていますが、借金トラブルは特定の人だけではなく誰にでも起こる可能性があります。

最後まで返済するつもりで借金しても、いつ途中でどんなことが起こるか分かりませんよね。

多重債務者は、お金の管理ができない人とったイメージがつきやすいのですが、経済状態によっては金銭管理をきっちりする人でも、借金苦になるリスクがあります。

そんな状況にならないためには、多重債務者にならないこと必要に。借金しても無事に返済が完了するように、計画的に考えないといけません。では多重債務者が後を絶たないのはなぜか、借金トラブルの解決方法についてご説明していきましょう。

多重債務になりやすい人の特徴について

自分は絶対に多重債務にはならないと自信を持っていても、世の中突然の出来事で借金地獄になってしまうことがあります。

リストラや病気で仕事ができずに収入減になる状況は、誰にでも起こる可能性がありますよね。

このような避けられない場合以外にも、借金を繰り返してしまう性格の人もいます。そこでどんなタイプの人が多重債務になりやすいのか、共通する特徴を見ていきましょう。

無計画の人

借金はしたくなくても、どうしてもお金を調達しないといけない場面があります。今はどこでも気軽にお金が借りられる時代。

手持ちのクレジットカードでコンビニに行けば、すぐにキャッシングができますよね。借りることばかりを意識してしまう人は、返済の計画をせず後で失敗する羽目に。借金のリスクを考えず無計画に行動する性格の人は注意が必要です。

我慢できない人

給料日まで待てない、どうしても今買いたいものがあるなど、お金を使いたい場面は色々とありますよね。

生活の優先順位がつけられない人は、手あたり次第にお金を使ってしまう傾向があります。節約してやりくりをしないといけない時、我慢できないと借金してその場を回避する人もいるでしょう。

これではいつまでたっても借金癖が治らずに、多重債務になるリスクが高くなります。

問題を直視できない人

借金問題は人生を狂わせてしまうほど深刻な問題です。しかしことの重大さに気が付かない人は、なんとかなるだろうと楽観的に考えるでしょう。

返済が多少遅れても、そのうちに返せばいいという油断は禁物です。借金トラブルを「問題」として捉えられない人は、困難の場面で逃げる選択をしやすいといえるでしょう。嫌なことも正しく直視して解決策を考えないと、大変なことになってしまうのです。

相談する人がいない人

借金問題は人には相談しにくいことですよね。このような問題を相談するには信頼できる人の存在が必要に。

友達が少ない、借金問題に詳しい人がいない、または内向的で自分から積極的にサポートを求められない人も事態が悪化する可能性があります。

多重債務者が増加するのはコミュニケーション不足も要因のひとつ。相談相手がいない場合は法律事務所で相談して、正しい方法で解決策を見つけましょう。

依存しやすい人

借金はアルコール中毒のように依存しやすい特性があります。ダメだと分かっていてもやめられない人は、慢性的な借金トラブルを抱えてしまうでしょう。

依存しやすいタイプの人はギャンブルでの借金、お酒代の借金といった問題も抱えている場合がありますので、借金問題を解決するとともに依存しやすい性格を治していかないといけません。

多重債務にならないための知識を身につけること

多重債務者になるつもりではなかった人でも、ちょっとした計算違いや手違いで、どんどん借金が膨らでしまうことが多いのです。

多重債務者が増加する近年、同じようにならないためには、金融商品の特徴を正しく理解して利用するようにしましょう。

借金したい状況になると、とにかくお金を手に入れることで頭がいっぱいになってしまいますよね。金利の高さや返済期間の長さを、さほど意識せず目先のことだけを考えてしまうのです。

借金には色々な種類がありますので、借りる前に必ず返済シミュレーションを行い、自分の収入とのバランスを確認してください。

かなり増えているクレジットカードのキャッシングトラブルなども、理解して利用すれば借金トラブルは防げるのです。

多重債務者が増加していますが、債務者の多くでなぜこのような状況になったのか理解できない人が増えているのが現状。

それは金融商品の仕組みがわからないまま利用して、金利が負担になっていることが多いといえるでしょう。

借金はどの手段を使うにせよ、慎重にそして借金している意識をもって生活をすることが大切です。

利用しやすい貸金業者が増えているので注意しよう

借金するためには厳しい審査や、高い金利を払って返済するといったイメージがありますが、現在の貸金業界は昔と比べると色々と様変わりしています。

総量規制により収入の1/3以上を超える融資ができないため、借りすぎを防ぎ双方にとって安心しやすく整備されて来たといえるでしょう。

またグレーゾーン金利が廃止になってからは、高額な金利が減り借りる側にとってはさらに借りやすい環境が整っています。

以前は借金するためには、窓口に行って手続きをしないといけない手間がありましたよね。今ではインターネットから申し込みが簡単にできて、早い場合は即日融資なんてサービスも存在しています。

このように多重債務者が増加するのは、借りやすい環境が増えているためでつい利用者も油断するのでしょう。

数万円の借金でも、返済方法によっては返済期間が何年にも続くことがあり、借りやすく返済しやすいという状況は、良い反面借金トラブルのリスクが増えることでもあるのです。

借金の返済方法について 

借金返済をするためには、家計簿をつけて毎月の収支を把握して自分の借金の詳細を正しく理解しておきましょう。

完済するまでは節約する心掛けを忘れずに、どうしても多重債務から抜け出せない場合はすぐに法律事務所に相談をしてください。

借金返済が難しくなったらそのままにせず、自分の状況に合わせて適切な解決方法ですぐに対処しましょう。

複数の借り入れを1本化する方法もありますし、弁護士に介入してもらい返済額を減額してもらうことも可能なのです。

まとめ

多重債務者が増加しないためには、借金する人の心構えや金融商品の特徴を正しく理解することも必要です。

万が一借金返済ができない時は、一番スムーズに解決できる弁護士相談がオススメです。人生をこれ以上苦しくしないためには、早く解決することが大切でしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする