多重債務の解決方法!まず自分でやるべきこと

借金を解消する方法

多重債務の解決方法がわからずに、悩むことになる人もいます。「借金」に対する意識は人により違いますので、たった数千円でも借りるのが嫌な人もいれば、借金してギャンブルする人など様々ですよね。

一番怖いのは借金を繰り返し、多重債務になり解決方法のメドがつかなくなること。はじめは返済するつもりで借りたお金も、気が付いたらどこから手を付けていいのかわからない…という状況に陥ることがあります。

借金はしたくなくても、どうしても借りないといけない状況もあるでしょう。多重債務の解決方法は、万が一の時のために知っておくと安心です。では借金のトラブルを回避するために、注意するポイントをご説明していきましょう。

 

みんなはどんな時に借金する?

借金といわれるとちょっと悪いイメージがありますが「ローン」「キャッシング」と名前が変わると、何となく借りやすいと思う人もいるでしょう。

世の中には色々な目的のローンが存在しますが、ポピュラーなものでは家のローン、車のローン、学費のローンなどがありますよね。

このような生活に必要なローン以外には、用途を明確にしないで借りられるローンやキャッシングもあります。給料日までの数日間だけお金を借りたい、冠婚葬祭が続いて今月はピンチ、生活費の足しにしたいなど借金する理由は色々でしょう。

今の時代は持っているのが当たり前のクレジットカードも、ある意味借金と同じこと。買い物代金を現金で支払わずカード払いにするのは、カード会社に借金することになります。

このように生活のなかで私たちが借金をする場面はあちこちにあり、目的や用途も人によって異なりまるでしょう。

奨学金は安易に借りると失敗する。今時の奨学金を返せなくなる理由とその対策は?

奨学金は安易に借りると失敗する。今時の奨学金を返せなくなる理由とその対策は?
奨学金の返済はいつまで続くのか知らずに手続きをしてしまうと、後から困る場合があります。大学を卒業後に、希望の会社に入社して毎月の給料から奨学金の返済が何年も続くのは負担ですよね。 奨学金には色々な種類があり、学費の負担が困難な人にとっては...

借金返済が困難になる状況について

多重債務で解決方法がわからなくなる人も、借りた時はきっと返済計画があったでしょう。「返せる」と自信をもって借りたお金、もしくは数万円の少額の借金でも、結果的に多重債務への第一歩になる可能性があります。

ではなぜ返せるはずの借金が、返せなくなってしまうのでしょうか。誰にでも起こる可能性があるのは、リストラなどにより収入額が減ってしまうことです。返済計画は自分の収入とのバランスを考えるため、いきなり収入が減ってしまったら返済が遅れてしまい滞納する原因になるでしょう。

さらに病気で働けないといった急な出来事も、借金返済のトラブルの要因に。借金して返済をしない人は、とてもお金にルーズな人に見られてしまいますが、借金が返済できなくなるリスクは、実は誰にでも起こる可能性があるのです。

 

多重債務とはなに? 

多重債務の解決方法が見つからず、一人で苦しんでいる人は近年とても増えています。日本信用情報機構の発表では2017年の2月時点で、貸金業者から借金している人は全国に352万人存在しているという統計結果がでています。

多重債務というのは、クレジットカード会社や消費者金融など何社からも同時に借金をすること。その返済ができずに困っている状態を言うのです。

消費者金融のサービスが多様化していることや、銀行カードローンが総量規制の対象外であるといった背景により、多重債務者は今後も増えると言われています。

多重債務の解決方法は、自分一人ではどうにもならないケースが多く、もっと早く対処しておけば…と後悔する人がほとんどです。

 

多重債務にならないための予防策

多重債務の解決方法が分からずそのまま放置してしまうと、最悪の場合夜逃げをしてずっと人目を気にしながら人生を送ることもあるでしょう。

このような苦しい人生を送らないようにするためには、多重債務を回避しないといけません。一番大切な点は、気軽に借金をする前に慎重に返済計画を立てることです。

月々の収入額から必要な生活費を除き、さらに緊急の場合のお金をプラスして余裕がいくら残るか計算してみましょう。

返済額が残らない場合は生活費を削るなど、無駄な部分をなくして返済に充てないといけません。

借金の返済はシミュレーションサイトなどもありますので、借りる前に正しく返済額や期間について把握しておきましょう。

また多重債務の解決方法で苦しまないためには、借金していると自覚することが大切に。無人契約機なども増えて、簡単に借金ができる時代。そんな背景が、借金の返済に対して油断するきっかけにもなっているのです。

 

返済に向けて心構えを持つこと

借金が手軽にできる時代になったことは良い反面、多重債務者が解決方法で苦しむ要因にもなっています。このような辛い状況にならないためには、借金をする前に必ず心構えを持ち対処するようにしましょう。

借金トラブルは個人的な問題ですから、人にはできるだけ知られたくはありませんよね。でも一人で解決しようとして、精神的なストレスを溜めすぎてしまうのは避けたいこと。

そうならないためにも、借金返済は「金利」という落とし穴がある点を必ず覚えておきましょう。

借入期間が長いほど利息は増え続け、返済がさらに困難になる原因になります。お金を借りる時は金融機関で相談することや、ネットで情報を収集するなどの準備をしっかりとおこなっておきましょう。

 

もし多重債務で抜け出せない時

借金の返済が滞った場合、必ず貸金業者からは電話、メール、手紙など督促の連絡が来ます。返済は借金した人の義務ですから、返すまでは相手もあらゆる手段をとってくるでしょう。

なかには多重債務の解決方法が分からず、夜逃げや踏み倒しで残りの人生を隠れながら過ごす人もいます。そうなると生活の証拠を残せないため、就職どころか子供の教育にも影響があるでしょう。

もし多重債務で解決方法がわからない場合は、債務整理により借金を整理することが可能です。そのためには少しでも早く弁護士に相談して、専門的な支援や救済を受けることが最良の解決方法と言えるでしょう。

多重債務を自覚している人、潜在的な多重債務者など色々いますので、心配な方はまず無料相談からスタートしてください。自分の借金状況に合わせた解決方法は必ずあるでしょう。

借金が返済できない?クレジットカード返済ができない場合の解決、対処の仕方

借金が返済できない?クレジットカード返済ができない場合の解決、対処の仕方
クレジットカードを使い過ぎてしまった。 気づいたら返済額が大きくなっており返済ができない。 既に何ヶ月も滞納しており誰に相談すればいいのかもわからない。 借金の事を考えるだけで気分が暗くなる。 しかし心配はしないでください。...

まとめ

多重債務の解決方法は一人では良いアイデアは生まれません。法律の専門家に相談し新たな人生をスタートしましょう。

債務整理の方法はひとつだけではありませんので、自分に合った方法で多重債務から一日でも早く解放されるようにしたいですね。

コメント