ビットコインで億り人どころか借金地獄!投資が借金になるからくりと対応方法について

株やFX

世界的に人気があるビットコインは、ビットコイン販売所にアカウントを作成して入金すれば簡単に売買ができる仕組みになっています。

学生、主婦なども気軽にできる投資として注目されていますよね。2017年度にはビットコインをはじめ、仮想通貨は20倍も価格が上昇したこともあり、投資家も注目しています。

このビットコインですが、興味本位で取引を始める人も急増しているため、様々なトラブルが増えています。

本来ならひと稼ぎするはずのところを、ビットコインで借金地獄になる人も今後急増するといわれています。そこで、ビットコインで借金地獄にならないように、始める際に注意したい点についてご紹介していきましょう。

 

ビットコイン人気の理由 

ビットコインは仮想通貨と呼ばれるお金で、紙幣や硬貨などが存在しないインターネット上のお金です。ビットコインは一番有名で取引量が最も多い種類ですが、これ以外にもイーサリアムやライトコインなど、異なる種類が全世界で1500種類以上もあるといわれています。

仮想通貨は円やUSドルといった国境がない世界共通のお金。海外に送金する時の手数料が安い、国の経済に影響されない、将来的には多くのお店で支払い手段として拡大するといった魅力があります。

今ビットコインを購入する人達の目的はほとんどが投資。株のように値動きがあり、売り買いをして利益を得るために購入する人が増えています。

ビットコインは巷でも話題になりますが、あくまでもリスクがあるもので絶対に儲かるという約束はありませんのでご注意くださいね。

 

ビットコインにかかる税金ってあるの?

ビットコインバブルといわれるように、価格が上昇し購入時の2倍、3倍なんて当たり前。こんなラッキーな人達が増えていますが、仮想通貨の取引により得た利益は、実は所得税がかかることをご存知でしたか?

この利益は「雑所得」と呼ばれるもので確定申告をしないといけません。もし対象になる人が確定申告をしない場合、10年以上の懲役もしくは1,000万円以下の罰金になる可能性もありますのでご注意くださいね。

ではビットコインで課税対象になるのはどのような場合があるのか以下にまとめました。

  • 仮想通貨で商品を購入したとき
  • 円に売却したとき
  • 他の仮想通貨に交換したとき
  • マイニングで得たビットコインの売却利益
  • ブロックチェーンが分岐して新たにコインを無償で付与された後、円に売却もしくは使用、他の仮想通貨と交換したとき。

詳しい内容は国税庁に問いあわせて確認をしてくださいね。ビットコインなどの仮想通貨は、儲けた時に納めるべき税金が意外な落とし穴。

あまりの額になり税金が払えずに借金する人が増え、さらに今後も仮想通貨ブームにてビットコインにより借金地獄になる人の数は増えるだろうといわれています。

 

ビットコインから借金地獄へ!仮想通貨で儲かった人が借金したケース

ではどのようにしてビットコインから借金になるのか、具体的な例を見ていきましょう。30代のAさん、ビットコインで3000万円の利益があり、これを使って再びビットコインを購入します。しかし数日後には価格が半分近くまで下がり、儲けたはずの3000万円が1500万円に。

落とし穴は利益を確定した時は3000万円で申告しているため、税金は3000万円の資産に対して発生するところ。

雑所得は最大で55%ほどかかる高い税金ですから、3000万円のビットコイン利益の場合1500万円ほど税金がかかる可能性も。

Aさんの場合、所得しているビットコインの価格も下がる一方で預金は100万円程度しかない状態。結局税金を払うために借金をしてしまったというケースがあります。

 

価格の暴落で借金することも 

仮想通貨の価格変動はとても激しく、投資のビギナーがいきなり多額の資金をつぎ込んでしまうと失敗する可能性があります。

ビットコインは取引量が最も多い人気の仮想通貨のため、売買が盛んにおこなわれるため値動きはとても大きいといえるでしょう。

半分以下に価値が下がることもありますし、このようなリスクにより損をしてしまう人も増えています。

生活費をつぎ込んでビットコインを購入してお金が無くなる人、リスクを知らずに購入してしまう人など、結果的にビットコインから借金をする人は実際に多く存在しています。

これは仮想通貨だけに限らず、株やFXでも同様。最近は特にビットコインブームになっているため、流行りの乗らないと損をしそうなプレッシャーを感じる人もいるでしょう。

株以上に価格変動が大きいといわれているビットコイン、一攫千金の夢を抱くのは楽しいですが、現実的にリスクを考えておかないと後で大変な状況に陥ってしまいます。

 

ビットコインFXのリスク 

ビットコインは安い価格で購入したものを価格が高騰した時に売り、儲けを出すという方法が一番シンプルです。

しかし売買だけでなく最近は「ビットコインFX」という投資も人気を集めて、さらにリスクを抱えながら仮想通貨の取引をする人も増えています。

FXとは証拠金取引のことで、取引所に預けたお金を担保にして大きな金額の取引をするもの。例えばビットコイン取引所にて最高倍率25倍で設定している場合は、手持ち40万円の証拠金で1000万円までの金融商品を購入できることになります。

この投資はハイリスク・ハイリターンとも呼ばれて、例えば4%価値が上がれば100%リターンが可能。逆に4%下がった時にはすべてを失ってしまいます。

日本ではFXに関する規制がほとんどないため、投資の知識がない主婦や学生なども簡単に始めていますよね。

価格の変動により、証拠金不足となって借金をする羽目になる人も少なくありません。FXの経験がなくてもビットコインの購入から徐々に興味を持ち始める人も増えていますので、ビットコインから借金地獄につながる可能性がもっと増えるでしょう。

 

ビットコインの借金の対応方法は?

ビットコインで借金地獄になったら、まず再び投資で損失を埋めようとする前に、借金問題を専門に扱う弁護士に相談することが一番安全です。

ただ、どのような弁護士であってもビットコイン借金に対応できるかというとそうでもありません。ビットコインは新しく出てきた世の中の仕組みなので、頭の古い弁護士は対応していないことが多いです。

 

ただ、若い弁護士やITに詳しい弁護士であれば、ビットコインに詳しい人もいるはずです。

 

債務整理で借金問題を解決すれば新しい生活で軌道に乗ることができるのです。ビットコインの利益は大変魅力的ですが、デメリットもあることを理解の上計画的に投資を始めましょう。税金関係については事前に確認をしておくと安心ですね。

コメント