クレカ借金の返済ができなくなる理由とその対策方法

クレジットカード

クレカの返済ができないまま借金苦になる人がいますが、使用した時にはそんなことは頭にもなかったでしょう。今の時代一人1枚最低でも持っているクレカ。

現金の持ち合わせがない時は大変便利ですよね。海外旅行に行く時も、ちょっと買い物に行く時でもクレカがないと不安になる人も。

しかし便利な反面使いすぎてしまうケースも増えていて、クレカが原因で最終的に消費者金融から借金をする場合もあるようです。

ではなぜそんな事態に陥ってしまうのか、クレカの返済できない展開になるパターンについて見ていきましょう。

 

リボ払いの落とし穴

一般的なクレカの使用方法は、買い物をした時に料金を翌月に一括払いで支払う方法です。それぞれのクレカには利用限度額が設定されていますので、その額以内でうまくやりくりをすれば問題はありません。

でも使いすぎて、いざクレカで払おうと思ったら使えなかったということもあります。利用者は利用限度額を常に把握しておくことが、使い過ぎ予防のためにも必要です。

クレカには色々な機能があり、そのなかのひとつ「リボルビング払い」という支払い方法。これで失敗すると、借金地獄に陥る可能性があるのです。通称リボ払いと呼ばれる支払い方法は、毎月の支払額を設定して、利用額に関係なく返済を続ける方法。

通常の一括払いなら、5万円の買い物をしたら翌月に5万円を払って支払いが完了になりますが、リボ払いだと月額5千円や1万円と額が固定されているため、利用額を完済するまでに何か月もかかってしまいます。

さらに一括払いと違うのはリボ払いには金利が発生するため、実際に使った金額よりも多く返済しないといけない点。ここが落とし穴になりトラブルになってしまうのです。

 

複数枚のクレカを同時に利用する場合 

週末に大型モールなどで買い物をすると、必ずクレジットカードの新規会員募集のカウンターがありますよね。

手軽にクレカが作れる最近では、学生や主婦向けといったカードも増えています。そのためひとりで複数枚持つのは当たり前。クレカによって利用金額でポイント付与されるサービスもあり、お店によってどのクレカが有利になるか異なります。

ポイントがたまると商品や商品券との交換ができますので、利用者のなかにはポイント目当て、光熱費の支払いをクレカにする人もいるでしょう。

きちんと使用用途に合わせてクレカの管理をしているならいいのですが、その時の気分で使ったり、引き落とし口座の残額を考えて違うクレカを使ったりするなど、皆さん色々ですよね。

複数枚を同時に使うと支払日も異なりますし管理が面倒になります。間違って支払いを滞納する…というトラブルにもなりかねません。

 

キャッシングサービスの落とし穴 

クレカの返済できない理由のひとつが「キャッシングサービス」の利用です。クレカは買い物代金の支払いだけではなく、現金が必要な時に借り入れできるキャッシング機能がついています。

現金が必要な場合はわざわざ銀行や消費者金融で借金をしなくても、ある程度の金額なら手持ちのクレカで現金が調達できる便利な機能です。

しかしこのおかげでクレカの返済できない人が急増中。キャッシングの利用限度額は、一般的にショッピング枠と共有していますので、50万円のうちキャッシング枠が20万円など、金額が決まっています。

もしショッピングで40万円使ってしまったら、キャッシングの限度額は10万円になるという計算です。

借金地獄になる要因はキャッシングの支払いのため。クレカの請求はショッピングとキャッシングをそれぞれ別に請求してきますので、支払い金額が2重になってしまいます。

たとえばリボ払いで月々1万円支払っている人がキャッシングをすると、さらにプラスされてキャッシングした金額が上乗せされて請求されるのです。

 

クレカの返済ができないとどうなる?

もしクレカの返済できない場合ですが、信販会社からはどのような対応をしてくるのかご説明していきましょう。もし支払日以前に無理だとわかっている場合は、早めにクレジットカード会社に連絡を入れましょう。

遅延するのが初回の場合なら、カード会社によっては多少余裕を持って1週間~2週間程度の遅れを認めてくれる可能性があります。

でもなにも連絡せず支払いをしなかった場合は、必ず督促の連絡が来ます。ここで正直に支払いする意思を見せれば、誠意があると認められて多少譲歩してくれることもあるでしょう。

しかし督促の連絡をいつまでも無視し続けていると、支払いの意思がないとみなされて次は支払いの督促の手紙が届きます。

手紙が内容証明郵便で送られてきたときは、法的手段に出るサインですから最悪の場合は裁判になることもあるでしょう。

結果的に財産の差し押さえをされるケースもあり、差し押さえは裁判所からの命令になるので絶対に拒否することができません。

 

クレカの返済できないときの回避策 

クレカの返済できない状況が続き借金地獄に陥る前に、自分で回避することが可能です。まずクレカの請求額が多すぎて支払いができない場合は、カード会社に連絡をして返済日の交渉をしてみましょう。

無視し続けるのは一番よくありませんので、返済がたとえ3が月先になるとしても必ず支払う意思を相手に伝えてください。

一括払いで多額の請求がくる場合は、支払い方法をリボ払いへ変更が可能なのでいつまでに手続きをするかカード会社に問い合わせておきましょう。

これで多額の負担が減りますので、リボ払いでしばらく返済を続け余裕がでたらリボ払いは完済してください。

このようにクレカの返済できない間はカード会社ではカードの利用停止を行いますので、借入分が完済するまでは、このカードでの新たな借金は増えないことになります。

 

債務整理でトラブル回避する 

クレカの返済ができない場合、家族に内緒で使ったので誰にも相談できないという状況もよくあります。このまま放置すると最悪の状況を迎えてしまうのでは、という場合はすぐに法律事務所など借金の専門家に相談しましょう。

返済できない借金を抱えている場合は、将来の利息をカットしてもらう法的手続き、督促をストップしてもらう手続きなど、その人に合った改善策で対処してくれます。

しかし弁護士に相談するのは一般の人にはとても抵抗がありますよね。借金相談なんて人に知られたら困る場合も。

そんな方でも安心なのが、借金に強い弁護士の無料相談。メールや電話で相談ができますので、まずは気軽に利用してみましょう。

 

まとめ 

クレカの返済できない時は、できるだけ早めに改善策を考えておきましょう。もし自分ではどうにもならない状況になった場合は、借金問題に強い弁護士にアドバイスをしてもらい、法的手段により借金問題を早く解決することが重要ですね。

コメント