キャッシングとカードローンの違いを理解する

キャッシングとカードローンはどちらも同じようですが、厳密には異なる点がいくつかあります。近年とても手軽に借金ができる環境ですので、あまり考えずに手っ取り早くお金を借りてしまう人もいるでしょう。

しかし借金には色々な種類があり、注意が必要なのは金利の落とし穴です。少額だから安心という人も、長引く返済で大変苦労をする場合もありますよね。

では、人気のキャッシングとカードローンの違いについて、利用前に知っておくべき違いをご説明していきましょう。

二つの違いについて

キャッシングもカードローンもどちらもお金を借りることに違いはありませんが、いくつか異なる点がありますので理解しておきましょう。

キャッシングは一般的にクレジットカードに付帯している「キャッシング機能」を使ってお金を借りる方法です。借入限度額は数万円から数十万円で設定されていることが多くなっています。

カードローンは銀行などが発行するローン専用のカードを使ってお金を借りる方法で、無担保でお金が借りられます。借入限度額は数十万円~数百万円と高額な設定がされています。

それぞれの借り方について

それぞれはどのような借り方をするのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

キャッシング 

キャッシングの利用方法はクレジットカード利用と、消費者金融を利用する二通りがあります。クレジットカードにキャッシング機能が付帯されている場合は、銀行やコンビニなどのATMでクレジットカードを挿入して金額を指定後現金を引き出すことができます。

借入限度額はクレジットカードによって異なりますが、ショッピング枠とキャッシング枠の合計金額が利用可能額になっている場合がほとんどですから、明細などを確認の上利用してください。

もうひとつのキャッシング方法は消費者金融を使うこと。最初にキャッシングの申し込みをして審査を受けないといけません。最近はオンラインで手続きができますし、消費者金融によっては無人契約機がありますので、その場で審査をして契約をスピーディにすることが可能なので急いでお金が必要な場合に人気があります。

カードローン 

カードローンは融資枠内であれば何度も借入と返済を繰り返せる点がメリット。住宅ローンなどように保証人や担保は必要ありません。

カードローンを利用するには銀行や消費者機関で申し込みをして審査を通過後、専用のカードを発行してもらいます。

お金を借りる手順はキャッシングとほぼ同じでATMや銀行CD、または指定口座に振り込みをしてもらうといった方法があります。

ネット銀行の場合は融資までに時間がかかる場合がありますが、消費者金融で提供しているカードローンなら即日融資といったメリットもありますよ。

返済方法の違いについて 

キャッシングとカードローンの大きな違いのひとつが返済方法です。キャッシングは一括払いで返済をしますが、カードローンは分割払いになりますので、返済期間が伸びてしまいますが返済額の負担を減らせるメリットがあります。

キャッシングの場合ですが、クレジットカードのキャッシング機能を使った場合は、ショッピングの利用額とともに毎月の明細で送られてきます。返済は通常のクレジットカードの返済と同じで翌月に口座から引き落としされるか、提携コンビニや銀行ATMから返済が可能です。

消費者金融でキャッシングをした場合も同様に、指定期日に口座から引き落としされるか、コンビニや銀行ATMからの返済、インターネットで返済、もしくは無人契約機や消費者金融の窓口払いという方法もあります。

金利について 

キャッシングとカードローンの金利の違いについて見ていきましょう。

キャッシングの金利 

クレジットカードのキャッシング機能の金利は各社異なりますが、金利15%~18%前後が多くなっています。この金利は利用制限法という法律により決まっていますのでどこのクレジットカード会社でもさほどの違いはないでしょう。

返済は翌月一括になりますので、例えば10万円を1か月キャッシングした場合、翌月までに利息が1,223円つくため返済額は101,233円となる計算ですね。

消費者金融でキャッシングした場合も同様で、借入した日数によって金利は日単位で計算されるため、すぐに返済したほうが利息が安くなります。

また最近は消費者金融のキャンペーンとして、新規でキャッシングする人に対して30日間無利息といった特典を提供している場合もありますよ。

消費者金融も上限金利は決まっているのでさほどの違いはありませんが、借入額によっても変わってしまいます。一般的には消費者金融のキャッシング金利は3.0%~18%と幅が開いていますので、どの金利が自分に適用されるか、審査の結果を見ないとわかりません。

カードローンの金利 

キャッシングと比較すると低金利が魅力のカードローン。銀行によっても異なりますが、3%~15%の間で行っているところが多くなっています。

それぞれのメリットとデメリット 

キャッシングをするかカードローンをするか、どちらが自分に向いているか判断ができないという人もいると思います。それぞれのメリットとデメリットがありますので、違いを理解したうえで判断しましょう。

キャッシングは審査から融資までとてもスピーディである点がメリット。クレジットカードならすぐに使用ができるため、急にお金が必要になった場合にオススメです。デメリットとしては金利がカードローンよりも高く借入限度が少ないこと。

ではカードローンですが、一番のメリットは低金利で借入ができしかも限度額がキャッシングよりも高いことが魅力です。デメリットとしては審査から融資まで時間がかかること、銀行のカードローンは審査に通りにくいといった一面も。

このようにそれぞれにメリットとデメリットがありますので、キャッシングは少額の借入をすぐにしたい人、カードローンはまとまった金額を少しずつ返済して借りたいという人に向いていると言えるでしょう。

まとめ

キャッシングもカードローンも各社で提供している商品の種類は様々です。どちらで借りるにせよ、計画的に返済ができるように自分に合った方法を選んでください。

手軽にネットを利用して手続きができますので、後で失敗しないように金利や返済方法などは事前に確認をしておきましょう。少額の借入でも利息のために返済が困難になる場合もあるのでご注意くださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする