クレジットカードは借金!仕組みを理解して活用しよう

借金の基礎知識

クレジットカードを借金という認識で利用するよりも、支払い方法のひとつとして気軽に使ってしまうことは多いですよね。クレジットカードには色々な機能があり、あちこちで新規入会のキャンペーンを見ると、つい欲しくなってしまいます。

近年クレジットカードは、一人で複数枚持つのが常識と言われるほど大変普及していますが、クレジットカードは借金していることと同じ。

この点を冷静に考えておかないと支払いでトラブルになることもあります。では生活の一部として人気があるクレジットカード、借金である理由とその仕組みについて詳しくご説明していきましょう。

 

クレジットカード決済のからくりについて 

クレジットカードが借金である理由は、買い物でカード支払いをした段階は、まだ自分でお金を実際に払ったわけではなくクレジットカード会社が変わりに支払っているにしかすぎないという点です。

お店にてクレジットカードで支払いをした後、そのお店は決済を担当する決済代行会社に代金を請求する仕組みになっています。

利用者にはクレジットカードの利用分が一か月分まとまって請求が来ますよね。このように定められた一定期間の間に使用した金額をまとめて請求して、利用者から支払ってもらったお金で実際に利用したお店へと支払いが行われます。

さらに詳しくオンラインショッピングの例で見ていきましょう。購入者がオンラインで商品を購入し、その代金をクレジットカードで支払います。ネットショップは決済代行会社を経由してクレジットカードで支払いを受けたことを知らせて、決済手数料を支払ったのち商品の代金がクレジットカード会社から支払われます。

購入者へはカード会社が発行した請求明細を送り、購入者名義の口座から代金を引きとして回収するというもの。

 

店舗にとってのメリット

クレジットカードの仕組みでまず気になるのが、お店はなぜ決済手数料を支払ってまでもクレジットカード払いの導入をするのかという点ですよね。それには訳があるのです。

レストラン、洋服屋さん、オンラインショップなどの店舗はクレジットカード会社が必ず代金を支払ってくれるという安心があります。

さらにクレジットカード利用者に向けて販売チャンスが拡大する点や、現金の持ち合わせがない人からの購入額を増やすこと、また買い物の時期に合わせ支払い回数の指定ができるなどのメリットもあるでしょう。

 

利用者にとってのメリット 

クレジットカードは借金的な存在ですが、それ以上に利用者にとっては魅力的なメリットがたくさんありますよね。

まず現金を持ち歩かなくても良いこと。海外の買い物ではクレジットカードのほうが安全という意見もあります。

またクレジットカードなら支払い回数を分けられるため、高額な商品も手軽に購入ができます。最近はポイント付与サービスにより、使うほど得になるという点も魅力でしょう。

 

クレジットカード会社のメリット 

クレジットカード会社は、加盟店にお金を振り込む際に決済手数料を差し引いた金額を振り込みしています。

この部分がカード会社の利益にあたり、一部を利用者にポイントにとして還元しています。

 

クレジットカードで失敗する例について

最も多い失敗例が、請求書を見てあまりの利用額に驚いてしまうという瞬間。クレジットカードを利用する人なら一度は経験があるでしょう。

カードは現金で支払うようにお金を使っている感覚がありません。そのため使いすぎることがあり、利用者がしっかり管理をしないと後で多額な借金をする場合もあるのです。

支払い方法は一括払いが国内では80%と言われていますが、ボーナス払いや分割にして高額な家電を購入する場合もありますよね。

このように買い物をした時からしばらくして請求がくるので、クレジットカードで借金していることをつい忘れてしまいがちなのです。

 

クレジットカードのリボ払いについて

クレジットカードが借金的な存在になる理由が「リボ払い」という方法。リボ払いは支払い残高に合わせて、毎月の支払額をあらかじめ設定しておく支払い方式。

大まかに説明すると、月々リボ払いを1万円で設定している場合、5万円の買い物をしたらざっと分けると1万×5回=5万円ということになります。実際は手数料がかかりますので返済期間が変わります。

しかしリボ払いは完済するまで借金をしているのと同じことですし、手数料が意外と高くなり購入金額の倍以上も支払ってしまった…ということにもなりかねません。

カード会社にとっては収益の大きな方法ですが、利用者にとっては長引く返済期間と高い利息に注意が必要です。

 

失敗しないクレジットカードの使い方

使ったら支払額をよけておく 

請求書を見てびっくり、ということを避けるためには、クレジットカードで買い物をした分については後で現金で支払い用にお金を分けておきましょう。

 

年会費に注意する

永年会費無料という魅力的なクレジットカードも増えていますが、なかには年会費として数千円~数万円も支払わないといけないタイプもカードがあります。利用しないのに年会費だけ払い続けるのは無駄なので、キャンセルすると良いでしょう。

 

一括払いにする 

クレジットカードは、使った翌月に完済するように一括払いを心がけましょう。分割やリボ払いは支払い残高がいくら残っているか、必ず明細を毎月確認して管理してください。

 

クレジットカードを持ち歩かない 

あると便利なクレジットカードですが、そのためつい買い物をしすぎる傾向があります。現金ならお財布が空っぽになるので分かりやすいです。買い物好きな人や金銭管理が苦手な人は、現金だけを持ち歩き、クレジットカードの利用を控えましょう。 

 

ポイント目当てでクレジットカードを使わない 

利用額100円につきポイント1点、キャンペーン中はポイント3倍などあちこちでクレジットカードのポイントが話題になりますよね。

ポイントは商品やギフト券と交換するなど利用者にとっては使うほどメリット。しかしポイント目当てでクレジットカード払いを続けると、今度は支払いの負担が増えますし、そこまでリスクを負ってもポイントをためる価値はないと言えるでしょう。

 

まとめ

支払いをクレジットカードでしても、その場しのぎで借金が増えるだけ。そう理解しておけば使い過ぎが防げます。

賢くクレジットカードを使うためには、毎月の明細や都度の利用額をきっちり管理しておくことが大切ですね。

コメント