借金が返済できない?クレジットカード返済ができない場合の解決、対処の仕方

クレジットカードを使い過ぎてしまった。

気づいたら返済額が大きくなっており返済ができない。

既に何ヶ月も滞納しており誰に相談すればいいのかもわからない。

借金の事を考えるだけで気分が暗くなる。

 

しかし心配はしないでください。

借金が返済できない人の多くは「債務整理の専門家に相談」することで状況が改善します。

「借金さえ無くなれば、いや金額が少なくなるだけでどんなに楽か」

そう思うのであれば、まずは無料で自分の状況を確認することから始めましょう。

匿名OKで無料相談 無料シミュレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する

 

あなたも大丈夫、借金を滞納してる人の解決方法

現在の世の中はクレジットカードで回っているといってもおかしくはないぐらい、なんでもクレジットカードで買える便利な世の中になっています。そんなクレジットカードは個人の返済能力とはあまり関係なく、限度額まで買い物が出来てしまうため気づいたら返済が厳しくなるほどの金額の大きさになっていることが多々あります。

 

最初は「これぐらいはまだ返済ができるだろう、大丈夫だろう」と考え、クレジットカード主体での生活を続けていくのですが、少しずつカードの利用額が増えていき、気付いた時には返済ができないほどに借金が膨れ上がっていた。という人はかなり多いです。もしくはいきなり転職やリストラにより急激に収入が減ったことが原因で返済できなくなる人も多いでしょう。

 

そのような人であっても、このページを訪れた人は最終的に借金の問題を解決し元の生活を取り戻してます。安心してください。

 

借金の時効は期待してはならない。ほぼ都市伝説と化している。

そのような借金の返済を滞納しがちな債務者が陥いる考え方で「時効を期待する」というものがあります。

 

借金の滞納をし始めた時に「このまま放置していればいつか借金の時効がきて免除されるのでは」と思ってしまうのは人の心の弱いところ、誰でも考えることでしょう。

確かに借金の時効というものは存在し「サラ金、金融会社、クレジット会社、銀行」などの金融機関からの借金を5年間一切返済せず無視していれば時効となる可能性があります。しかし彼らも5年間の間黙っているわけではなく、多くの場合が裁判所に債務不履行で訴え、結果強制執行にて財産差し押さえ、給料差し押さえに繋がってしまう可能性が高いです。

 

要するに借金の時効というものは現実的にかないません。国外逃亡などで二度と日本に戻ってこない覚悟があればいいのかもしれませんが。

 

借金滞納で最もやってはいけないことは「放置すること」

「借金の時効」ほどではないですが、多くの人は借金から顔をそむけてしまう行動を取りがちになります。例えばクレジットカードの借金の返済ができない状況でやる「放置」がありますね。しかし、これは最もやってはいけない行為です。

 

無視して放置をしつづけた場合「銀行、信販会社、クレジットカード会社」などの業者は”あなたに払う意思はない”と見なし、厳しい処罰を下します。

 

自分に置き換えて考えてください。例えばLINEやメールで友人に飲み会の連絡した際に、完全に無視されると腹が立ちますよね。こちらの予定も立たずキャンセルしていいのかどうかも分かりません。 早めにキャンセルの言い訳をしてくれていた方が色々と対応することができますが、当日になってキャンセルと言われてもどうにもなりませんよね。

お金を借りている会社も同じことです。返済日ギリギリならまだしも返済日を過ぎて言われても困るのです。

 

返済できないことがわかった時点で「放置する」のではなく、支払いの返済目処を相手に連絡してください。

 

 

落ち着いて!「借金問題を解決し再スタートする」ことは出来る

「支払の目処を相手に連絡する」とお伝えしましたが、何ヶ月も返済を滞納しているような人は、返済の目処も立たない状態になっていることでしょう。返済目処が立つのであれば無視して滞納することはしないですよね。

 

また、このサイトに訪れた人は「すでに放置をしてしまった人」や「より状況が悪い人」もいると思います。このような人たちであっても「借金問題を解決し再スタートする」ことができます。

このページを見ておられる人はこんな人が多いです。

  • 借金が多いのか少ないのか分かっていないが、月々の返済が苦しい気がする。
  • 借金の返済を放置しており返済目処が立たない。取り立てが止まらない。
  • すでに一括返済の請求も来ており返済期限が迫ってきている。
  • 家賃や携帯料金を滞納し、水ガス電気などのライフラインも止まっている
  • 消費者金融やクレジットカード会社に訴えられ裁判所から出頭連絡がきている。
  • どのようにしてこの借金問題を解決していいのか検討もつかない。
  • 借金の相談をしたり頼りにできる人がいない。家族や友人には知られたくない。

あなたはどのような状況でしょうか?きっとこの人たちと同じか、それよりもマシな人が多いのではないでしょうか。このような借金地獄であっても脱出することはできます。

 

そのため自暴自棄になるようなことはやめましょう。借金返済のためFX や競馬などギャンブルで一発逆転を狙うようなことはやめてください。借金で苦しんでいる状態でのギャンブルは正常な判断ができず、借金金額が大きくなるばかりか借金は解決への糸口を難しくしてしまう可能性があります。

当たり前ですが犯罪を手に染めたり、自殺をしてしまうなど人生を棒に振るようなことはやめましょう。

 

「債務整理の専門家に相談すること」がベスト

どのようにして借金問題を解決し、人生の再スタートを切るのか。というと債務整理の専門家に相談をすることです。

借金の問題解決のためには「原因」や「金額」「借金をしている先」など、個人の状況によって対応方法が変わります。債務整理の専門家は多くの相談を受け、救済してきたスペシャリストになります。状況に合ったアドバイスと対応を実施してくれます。

また、専門家の多くは弁護士や司法書士です。弁護士や司法書士は相談内容や個人情報を外に漏らすことがないため、家族や職場友人に知られずに対処を進めることができます。

 

ただ、債務整理の専門家に対応をしてもらうことで費用がかかるのではないか。という疑問がわきますよね?債務整理のための費用は少なからずかかりますが、抱えている借金額と比べたら大きなものではありません。 自分が置かれた借金地獄から抜け出し、計画的人生の再スタートを切るため必要な経費だと考えてください。

債務整理が終わってから分割で支払いができる専門家も多いです。現時点での破綻した生活から、専門家の適切なアドバイスの元での生活が出来るようになり、楽に無理なく返済を進めることができるようになります。

 

このような専門家にはどのように相談すればよいのでしょうか。

 

弁護士や司法書士には得意分野がある

まずお伝えするべきことがあります。弁護士や司法書士の専門家には得意分野があるということです。あなたの家の近くにも弁護士事務所があると思いますが、その弁護士事務所が債権整理のスペシャリストかどうかは分かりません。

 

債権整理が得意な弁護士や司法書士に相談しなければ意味がありません。

これは私の体験ですが、得意分野が異なる弁護士に相談しに行ったことがありますが、ほぼインターネットで情報を調べた素人と同等のレベルだ感じました。それほど、得意分野が重要になってきます。

 

今の世の中はインターネットでの情報交流が発達してきており、債権整理が得意な専門家を紹介してくれるツールだけではなく女性専門の相談窓口も用意されるほどになっています。昔よりもだんぜん借金地獄から抜け出しやすい環境になっていると言えるでしょう。

では、当サイトに寄せられた口コミから効果の高い「やってよかった」という感想が多い窓口を紹介しましょう。

 

街角相談所-法律- 無料シュミレーター匿名申込

匿名で申し込みができるばかりではなく、無料で借金について相談ができます。

あたなの住んでいる都道府県を入力し、借金に関する情報を入力するだけで、自分にあった弁護士事務所を全国から無料で紹介してもらえます。

匿名OKで無料相談 無料シミュレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する

 

女性のための借金問題相談所

借金問題を抱えている人の4割が女性とも言われています。意外に多いと感じたのではないでしょうか。

女性は世間体を気にしてしまう性格の方が多く、例えば「ママ友」と生活基準を合わせるためにカードを使い過ぎた人や、子供の教育費のためにカード支払を行い気づいたら返済が苦しくなっていた。という人が多いですね。また、夫に知られてしまうと離婚されるのでは?という懸念から「家族」にも言い出せず、借金地獄から抜け出せていない人が多いのが現実です。

 

そんな「ママ友」「旦那」「子供」「両親」「友達」に知られたくないけど、借金返済が限界でどうにか整理したい。という女性の強い味方が「債務Lady」です。

旦那や家族、友達、職場にバレたくないという借金の問題について、当たり前のように秘密を守り、借金を整理返済したいという希望を聞いてくれます。

ただ、それだけだと女性は心配ですよね。

この司法書士事務所は、単純に債務整理の相談に乗ってくれるだけではなく、女性の気持ちを察しつつ相談に乗ってくれます。秘密は厳守してくれるけれども、あれやこれやと説教じみたことを言われたくなかったり、こちらの気持ちを聞いてくれないような弁護士には依頼したくないですよね。

そのような心配性の女性にはオススメです。

 

債務Ladyの記事はこちら↓

 

女性のための借金解決は新大阪法務司法書士事務所(債務Lady)が最適
女性のための借金返済の無料窓口 債務Lady 借金問題を抱えている人の4割が女性とも言われている現代ですが、女…

 

 

借金問題は早く解決した方が圧倒的に良い理由。今すぐ行動を。

今時はクレジットカードは全ての人が持っています。借金地獄に陥る人はクレジットカードを利用しすぎていることが多いです。もしくはリストラや転職によって収入がいきなり減ったというパターンも多いですね。

 

そういう人たちが次に陥る失敗としては、借金の自転車操業ですね。

収入に対して月々の返済が難しくなってきた結果、返済するのに夢中になり別の会社からさらに借金をして返済に回す「自転車操業」を繰り返し、最終的に複数の金融機関から多くの金額を借り返済に行き詰まることが多いです。

 

借金の返済に行き詰まった後は業者と下記のようなやり取りが進みます。

 

ここで債権整理の専門業者に相談するポイントとしては

1.電話催促

2.催促状が届いた

のタイミングで「返済の見通しが立ってない、もしくは、見通しは自分でわからない」状態となっていた場合は専門業者に相談した方が良いでしょう。これ以降はより自力での解決が難しい状態になってきます。

 

また早いタイミングで解決すると、借金の金額が大きくなっていないため私生活への影響が少ないということもメリットとなります。あまりにも借金の金額が多い場合、債権整理の最悪のパターンとして、自己破産による高額財産の没収ということもあり得るため、借金が少ない家に解決を相談してしまった方が良いでしょう。

 

1.いつまでに返済できるか催促の電話【電話催促】

ほとんどの金融機関は支払い期限の翌日、遅くても2~3日中には電話が来ます。

最初は「もしかしてお忘れではないですか?」から始まり「いつまでに入金されますか」と支払目処が聞かれます。

 

2.督促状の郵送と一括返済の予告【催促状が届いた】

電話に出ずに放置していたり、電話で約束した入金日に入金を行わないと、今度は書面にて督促状が送られてきます。内容はより契約的なものとなっており「返済額、遅延損害金、場合によっては諸手数料をまとめて、指定日までに入金すること」ということが書かれています。

また、何度も繰り返すと信用がどんどん無くなっていき、分割返済分もまとめてめと一括返済をする旨の予告通知が来ます。

3.自宅や職場に催促に来る(ただし業者による)【自宅訪問】

全ての業者ではないですが、自宅や職場へ訪問してくる場合もあります。居住確認や勤務状況の確認と合わせ、経済状況を見て毎月の返済額を減額する話を行います。

基本的にまともな業者であれば、自宅周辺や職場に迷惑をかけたりはしません。

4.一括返済請求

この状態で引き続き返済を行わない状態が続くと、借金の残額と延滞金をまとめて一括返済を行うよう請求が来ます。分割返済ができていない状況で一括返済ができることは基本的にありませんが、業者としては最後の通告という意味合いもあります。

 

業者と相談してより具体的な解決方法を見いだすなど、 返済に向かった具体的な動きを進めなければ最終的に次の裁判沙汰へ進むことになります。

 

5.内容証明郵便が簡易裁判所より届く【裁判】

業者が自分たちで回収することを諦め、法的に簡易裁判所へ債務不履行の申し立てを行った場合、内容証明郵便が簡易裁判所より届くことになります。

 

要するに「訴えられた」という状況です。そして裁判所より日時指定で出廷呼び出しがされます。それをさらに無視したり、判決や和解内容を無視し滞納を続けると給与、財産の差し押さえとなります。

給料の差し押さえとなれば、必然的に勤務先の会社にも借金滞納の事実を知られることになり、会社の中手の進退や評価に影響が及ぼすでしょう。

 

借金解決は他にあるのでは?「専門家に相談して進める債務整理」が最も現実的

費用がかかる専門家に相談する方法以外にもいくつか解決方法があるのでは?と思った方もおられるでしょう。借金問題に苦しめられる人は、「自分自身でどのように借金を解決すれば良いか分からない人」が多いため専門家に相談して進める債務整理が最も適しているのですが、参考までに他の解決方法も合わせてご紹介しておきます。

 

1.債務整理

本サイトにて主に紹介している方向です。簡単に言うとお金を借りた先の業者や裁判所と借金返済の相談をすることです。

相談については弁護士や司法書士などが無料で行なってくれることが多く、実際に解決の目処が立ちそうであれば業者や裁判所に対し代理で対応してくれます。 この「専門家が代理で対応してくれる」という点がかなり安心感があり、借金地獄の中のストレスから大きく開放されます。借金地獄のストレスで押しつぶされそうな人は相談をするだけでもやってみてください。

なお、債務整理の方法は全部で四つ「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」あります。金額や私生活へのダメージによってその四つの選び方が変わってきます。

 

2.おまとめローン

おまとめローンとは多重債務者向けの借り換えローンのことです。「おまとめ」の言葉とおり、複数の債務を一本化させることで毎月の返済の負担を軽くしてくれるローン商品ですね。「借金の一本化」などとも呼ばれています。

 

例えば、3社から総額100万円を借りていて月々3万円の返済をしていたとします。それを金利の低い金融会社1社(例えば銀行など)から100万円(月々の返済額2万円)を借りて、もともと借りていた3社を完済します。結果、返済先は1社になり金利も安くなって月々の返済も軽減されるので、普段の生活の中での負担が軽くなります。

 

逆におまとめローンでの金利が高くなるケース、金利が低くなっても、返済総額が多くなるケースがあります。借金の状況によるため「おまとめローン」に対応している銀行へまずは相談が必要ですね。

 

3.親・友人に借りて返済する

親友人には知られたくないという気持ちはわかりますが、やはりメリットデメリット抜きで自分のことを大切に思ってくれている人と相談する 方法が最も良いかと思います。

 

正直に事情を説明した上でお金を借りて一括で返済を行いましょう。

 

ちなみに親に相談しても借金が解決しない失敗事例を紹介しておきます。その少しだけお金を借りて返済するパターンです。多重債務者は自力で解決できない状況になっていますので、借金を完済しなければ意味がありません。少しお金を返したところで、またお金が足りなくなります。一度親に相談している手前、もう相談ができないと自力で解決しようとし、より状況が悪化することが多々あります。気をつけましょう。

 

まとめ

借金の問題については本人が気づいた段階ではすでに手遅れになっていることが多く、早め早めでの専門家への相談が最も近道だと確信しています。

 

借金を抱えている状態では、借金を返すことばかりに夢中になっていることが多く、合法的に正しい対応について検討する余裕がなくなっていることが多いです。このサイトに訪れた人は幸運です。とりあえず気になった相談窓口にご連絡を入れていただき、早い段階での借金問題の解決の糸口になっていただければと思います。

匿名OKで無料相談 無料シミュレーター

東京ミネルヴァ法律事務所

90%の人が「やってよかった」と言っている無料の減額診断です。

今なら無料なので、まずは試してみてください。

\カンタン・無料、1分で診断!/

無料で減額診断する